生活スタイルにどのようなカーテンが合うのか?悩みどころではないでしょうか?

カーテンの機能を知る

選ぶカーテンによって、機能は違います。

自分にとって、どの機能が合っているのかを知って購入するとよいでしょう。

ウォッシャブル
ご家庭で手軽に選択できるのがウォッシャブルカーテンです。洗濯機で丸洗いができしかも、収縮がほとんどないため、手軽に洗うことができます。
制電
制電性の糸を使用しているため、静電気の発生を防ぐ効果があります。静電気が発生するとゴミやほこりがつき、汚れの原因となりますが、制電機能のカーテンでは、ほこりや汚れが付着しにくくなっています。
防災
火災が起こった場合、燃えにくい素材のため、火が回るのを少しでも遅くすることができます。
全く燃えないという訳ではありません。

上記の他にも、いろいろと機能がありますので、また機会があればご紹介していきます。

このように、カーテンといっても、機能はひとつではありませんので、自分にあった機能のカーテンを選ぶ必要があります。

装飾性で選ぶカーテン

少しでもいいデザインを追求している人や、もしくはお店などでカーテンにデザイン性が要求される場合には装飾性で選ぶといいでしょう。

カーテンによっては非常に装飾性が高い物も中にはあります。装飾性に優れたカーテンと言ってもかなりクラシックな物もあれば、モダンな物もあります。まずは、デザインの方向性について検討してみましょう。

他にもカーテンの色味と部屋の雰囲気などを考えると、候補が絞られる事もあります。

装飾性が高いカーテンを自宅の部屋に設置する事ができれば、人を招きたいと思う事もあるでしょう。また観葉植物を飾るなどして、更にお部屋が素敵に見える工夫をしている人もいます。

サイズで価格が異なるカーテン

機能やデザインに関して全く同じカーテンであったとしても、サイズが異なると価格も違ってくる場合が多いでしょう。

大きいカーテンになると、その分だけたくさんの生地を使用しますので、価格は高くなります。そして、小さいカーテンの場合には、使用する生地も少ないので安くなるというのが一般的です。そのため、カーテンの価格について知りたい場合には、まずはサイズを確定させる事が必要になります。

オンラインショッピングの場合であったとしても、サイズを選択すると、自動的に価格が計算される様になっている場合もあります。一番大きなカーテンと一番小さな物では、価格に大きさ差が出てくるケースもあります。

人通りが多い部屋のカーテン

中には人通りが多い道路に面した物件に暮らしているという人もいるでしょう。その場合には、人の視線が中に入りがちですので、カーテンが欠かせない事もあります。

昼でもレースのカーテンだけでは透けるのではないかと不安に感じられる場合には、できるだけミラーカーテンなど透けないタイプのカーテンを設置しておくといいでしょう。

そして、夜間にはカーテンは欠かせません。しっかりと閉める事によって、プライバシーを高める事ができます。人通りが多い場所については、注意しましょう。

また2階であったとしても、前に電車が入っていたり、高速道路があるという場合には視線が届いてしまう可能性もあります。

Curtain関連ページ

ページトップへ戻る