生活スタイルにどのようなカーテンが合うのか?悩みどころではないでしょうか?

カーテンの種類を決める

カーテンといっても、実は色々なタイプのカーテンがあります。

  • ドレープカーテン
  • プリントカーテン
  • ケースメントカーテン
  • レースカーテン
  • ロールカーテン
  • プレーンシェード

まだまだ、種類はたくさんあります。

まずは、どのタイプのカーテンにするかを決めて、昨日や柄などを決定していくとよいでしょう。

カーテンの種類と素材について評判が良いもの

カーテンにはレースのものや内側に掛けるカーテンにも遮光に断熱などがありますが、評判が良いのは遮光のもののようです。

部屋の内側に吊すカーテンは、遮光だったりドレープのものだったり多種多様です。はたまたカフェカーテンというものもあります。

外から見えにくいような素材のレースは評判が良く、窓に吊せば誰にも部屋の中を見られることがないのです。

遮光カーテンは直射日光の日差しを軽減してくれるので、部屋の床や紫外線に弱い家具などを守ることができます。夜間は部屋の中の光がもれないので、窓際に立っても人影が透けて見えることもありません。防犯面でも役立ちそうですね。

カーテンの通販サイトで購入する場合は、口コミやレビューなどを参考に選んでみてもいいかもしれません。

サイズが豊富にあるカーテン

既製品のカーテンであったとしても、今では非常にたくさんのサイズが用意されているという事も珍しくありません。カーテンを買う時に大きさはとても大事です。

似ているサイズのカーテンであったとしても、間違って購入してしまうと、微妙にサイズが違うと感じる事もあります。少しでもお部屋の中をきれいに見せるためにも、カーテンのサイズがピッタリの物を選んでおくといいでしょう。

メジャーを使って窓の大きさを正確に計測するという事が、適したサイズのカーテンを購入するために大事となります。オーダーする場合には、サイズのミスがあっても、後からはどうする事もできませんので、確定するまでに確認しましょう。

1年中使えるカーテン

季節によってカーテンを取り換えるのが面倒な人や、もしくは使わない時期に保管するのが困るという人であれば、1年中使う事ができるカーテンを使うといいでしょう。

最近では、自宅で冷暖房を使用している人が多いと思われますが、熱効率が良くなるカーテンであれば、ずっと使い続ける事ができ、部屋の温度を保ちやすくなります。

1年中使えるカーテンは、新しい季節になると、別のカーテンを購入する必要がありませんので、とても便利です。しかし、ずっと設置したままの状態にするのではなくて、時にはお手入れが必要となる事でしょう。洗濯を頻繁に行うというのが難しい様であれば、埃を落とすだけでもきれいに使用できるでしょう。

窓の方角とカーテンについて

実は窓の方角とカーテンというのは関係ない様に感じられますが、とても大事だと思われます。というのも、南向きの窓はどうしても直射日光が入りやすい傾向にありますので、できるだけしっかりと日光を防いでくれるカーテンがいい場合もあります。

その一方で北向きの窓に関しては、できるだけ日光を取り入れてくれるカーテンがいい場合もあります。しかし、前に大きな建物があるなどすると、日光が遮られたり、人の視線が入って来たりする事もあります。

カーテンは、状況に応じて適切だと思われる物を購入しましょう。カーテンを買う時には、窓の方角について考えてみると、それがいい物を手に入れるヒントとなる事もあります。

Curtain関連ページ

ページトップへ戻る