生活スタイルにどのようなカーテンが合うのか?悩みどころではないでしょうか?

和室に合うカーテン

カーテンは洋室のものだけではありません。和室に合うカーテンも販売されています。

本来、和室にはふすまが付けられています。

しかし、ふすまは破れやすく、また破れてしまった時に、修復するのが面倒です。ふすまの前に何か物を置いたり、ペットを飼っていたり、小さい子供がいる場合には、すぐに破れてしまう事もあります。

そのため、手入れが楽なカーテンに変えたいという人もいる様ですね。

その場合には、できるだけ和室に合うデザインを選びたいですね。無地のカーテンはいいでしょう。更に、色合いも重要です。渋い色にすると雰囲気を壊す事がありませんね。

また、和室にブラインドを設置する人もいます。和室だからおしゃれにできないのではなくて、和室の良さを活かしておしゃれにしたいですね。

リラックスできるカーテン

TPOによって服装を変える様に、カーテンも場所によって変えるという事が重要となります。不特定多数の人がたくさん集まる場所では、どの様なカーテンが必要でしょうか。その場合には、自宅の様にプライバシーに気を遣う必要はないでしょう。

広い場所である事が多いので、十分な大きさのあるカーテンが必要になる事もあります。既製品では見つけるのが難しいので、カーテンをオーダーする場合が多いでしょう。

また、たくさんの人が集まる場所においては、できるだけ燃えにくい加工が施されているカーテンを設置しておくのが好ましいでしょう。用途にあった物をしっかりと選んでおく事によって、使いやすく感じられる事でしょう。

まずはカーテンレールの設置から

これからカーテンを設置したいという場合でも、まだカーテンレールが設置されていない状態であれば、どうする事もできません。まずはカーテンレールを設置する所から始めましょう。

カーテンレールを設置する位置は自分で自由に決める事ができる場合もあります。その位置によっても、必要になって来るカーテンの丈というのは違ってきます。特にオーダーする場合には、細かい単位でサイズを調整する事ができますので、少しの差でも大きく感じられる事もあります。計測は間違いがない様にしましょう。中でも計測する範囲を間違ってしまうという人が多い様ですので、くれぐれも思い違いなどには気を付ける様にしましょう。

カーテンを長く使うには

せっかく自分で選んで購入したカーテンであれば、少しでも長く使いたいと考える人もいます。同じカーテンをできるだけ長く使用するためにも、お手入れはしっかりと行っておくといいでしょう。

カーテンは、あまり頻繁に洗濯を繰り返してしまうと、それも劣化を早めてしまう原因となる事もありますが、全く掃除をしない状態が続けた場合も、汚れが染み付いてしまい、取れなくなる事もあります。そのため、適度な頻度でカーテンのお手入れを行うという事が大切です。

また、時にはカーテンが汚れてしまう事もありますが、汚れに気が付いた時には、できるだけ早めに汚れを落とす様にするという事が大事だと思われます。

Curtain関連ページ

ページトップへ戻る